糖尿病、その他の生活習慣病、パーキンソン、太りすぎ

ホーム  »  糖尿病、その他の生活習慣病、パーキンソン、太りすぎ

糖尿病

糖尿病には、インスリンが出ない場合と、インスリンが出ても代謝が悪い場合の2種類があります。いずれの場合も、生活習慣が主な原因ではなく、ジオパシックストレスが主な原因だと考えられます。

つまり、住まいの環境に問題があります。ジオパシックストレスについては、このホームページに詳細を記述してあります。

人体に影響をもたらすジオパシックストレスを避ければ、糖尿病は改善します。糖尿病の治療、住まいの環境の改善ついてもアドバイスが出来ます。

成人病

高血圧、動脈硬化などの成人病にも対応します。

一般に、老化、ストレス、運動不足、食べ過ぎ等が原因とされていますが、それだけではないと思います。しっかりした原因があると考えます。

その原因を取り除けば、成人病は改善すると思います。

その原因は、病原体、ジオパシックストレス、電磁波のどれかと

考えられます。

 

太りすぎ

太りすぎの原因は、もちろん、食べ過ぎだと思います。

では、どうして食べ過ぎてしまうのでしょうか。

体質でしょうか、意志の弱さでしょうか。

それは、脳の「空腹の中枢」の障害が原因です。

 

パーキンソン

パーキンソンは、出かける自由を奪う病気で恐ろしいですが、改善出来ます。当治療院は、西洋医学とは、原因の考え方、治療法が全く異なります。

 

 病院での治療で、なかなか改善しない方は、是非、当治療にお越し下さい。


 

専用駐車場があります。

 

ページの先頭へ