花粉症、風邪、肩こり、腰痛、足の痛み

ホーム  »  花粉症、風邪、肩こり、腰痛、足の痛み

花粉症

花粉症の方にとって、嫌な季節が到来しました。

花粉症をはじめ、アレルギー(花粉症皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食べ物アレルギー)は、免疫の不具合によるものです。免疫の滞りが原因です。

つらい季節を克服できるよう、当治療院は万全を尽くします。

マスクなしで、外出できることを目指します。 当治療院にお任せ下さい。

 

風邪

風邪の原因は、ほとんどがアデノウィルスによるものです。

病院で処方される抗生物質は、細菌にのみ効力があるので、風邪には効きません。

当治療院は、気により、ウィルスの影響力を軽減して、早めの治癒を目指します。

肩こり

体の不調で良く聞くのは、「肩こり」でしょうか。

私も含めて、皆さんも肩が凝るのはよくあることだと思います。

肩の筋肉に常に「気」が流れていれば、肩こりはおきません。 では、「肩こり」と「気」はどんな関係があるのでしょうか。

肩こりの原因は、気の不足だけではないかもしれませんが、ここでは気の不足に限定して、話を進めます。

肩にある筋肉は、僧帽筋といいます。腰から肩、首筋に掛けてきている筋肉です。

以前のブログで、全てのものに「気の周波数」があると述べていますが、人の筋肉にも気の周波数があります。

どうも、ある電波の周波数が、この僧帽筋の気の周波数と非常に近い値なのです。

ですから、この電波が飛んでいる所に長時間いると、僧帽筋に障害が起こります。

よく、パソコンを使っていると肩こりになるという話を聞きます。以前は、私もそうでした。

これは、パソコンから肩の周波数に近い電磁波が出ているからだと思います。

肩こりのその他の原因として、血流の悪さがあります。

肩こりのつらい方は、是非、当治療院にお越し下さい。

腰痛

腰痛の治療は、まず、筋肉の凝り、炎症を和らげることから行います。その際、マッサージ等の手技は行いません。手技はかえって筋肉を傷めてしまう恐れがあります。これでだいたい痛みは取れると思います。念のため、血流を良くする治療も行います。

足の痛み

膝関節そのものの障害から生じる痛みなのか、周辺の筋肉・腱から生じる痛みなのか、あるいはその両方から生じる複合的な痛みなのか、見極める必要があります。

まず、関節そのもののチェックを行います。障害が見つかれば、その滞りを解消します。それでも、痛みが続くようであれば、その周辺の筋肉・腱の滞り(リンパ、動静脈、神経を含めて)をチェックし、滞りがあれば解消し、痛みの低減を図ります。

専用駐車場があります。

 

ページの先頭へ