便秘、不眠症、慢性疾患、不定愁訴, 眼の障害、声がでない

ホーム  »  便秘、不眠症、慢性疾患、不定愁訴, 眼の障害、声がでない

不眠症

不眠症は、自律神経の障害が原因です。

 

 

慢性疾患、不定愁訴

病院での治療を長期間受けても、なかなか改善しない慢性疾患。

「眠れない」、「何となく体の調子がおかしい」、「イライラする」、「疲れが取れない」、「元気がない」などの症状で、病院で検査しても異常は見つからない不定愁訴。

これらの疾患は、肉体上は、病院で異常は見つからないのかもしれませんが、どこかに滞りがあるのだと思われます。

当院で、気がスムーズに流れるようになれば、健康を取り戻すことが可能です。

声が出ない

風邪でもないのに、急に、声が出なくなってしまうことがあります。

この原因は、病原体によるものだと思います。

ストレスや、疲れによって、免疫が弱くなると、この病原体の影響力が大きくなり、声帯に作用して声が出なくなるのだと考えられます。

当治療院は、病原体の影響力を軽減して、改善を図ります。

眼の障害

眼の障害(視力の悪化、かすみ等)の原因として、当治療院は、電磁波、病原体によるものと考えています。

電磁波の影響とは、スマホを使うことにより、肉体にあびてしまう電磁波によるものです。スマホを使うことにより、視覚に関するいろいろな器官、組織が滞ってしまいます。さらに、滞ってしまったところに、病原体が集まり障害を起こしている可能性があります。

当治療院は、電磁波によって滞ってしまった器官、組織の気の流れを元に戻し、病原体の影響力を軽減することにより、視覚を正常な状態にします。

専用駐車場があります。

 

ページの先頭へ